住まいの第一印象

2021/10/04

小澤 俊哉

住まいの第一印象を決めるのが「外観デザイン」です。

私は何百件ものお客様の家創りに携わらせて頂いておりますので、

外観のデザインを見ただけで、その住宅会社のデザイン力がおおよそ

判断できます。

設計士ならだれでも承知していることですが、外観デザインは、周囲の街並みや

景観に自然に溶け込むように考えることが大前提です。なおかつ主張しすぎない

けれども人とは少し違うデザインにする。そこに窓の位置や、左右の対象を図る

シンメトリーを考慮します。特に窓は風通しと、外からのデザイン両方を兼ね備えなければならないので、一番のポイントかもしれません。

屋根や外壁の素材は、紫外線や雨、風の影響を直接受けるので劣化しやすく、塗り替えもかなりのコストがかかってしまします。地震のことも考え、軽量で耐候性の高い素材、ALCやガルバリウム鋼板などがおススメです。

 

インスタグラムなどのSNSや、住宅会社のホームページなどで是非ご自身の好みである外観を見つけ出し、相談をしてみてください。

弊社での決まり事「同じ家は作らない。」外観ももちろん唯一無二のオリジナルです。