土地にお金をかけるのは有りですか?

2020/10/12

山田 浩司

随分と更新が途絶えておりました。

今回は「土地にお金をかけるのは有りですか?」という問題です。

住宅費用のうち土地の占める割合は少なくありません。

出来れば土地代金を抑えたいと思うかもしれません。

それでも、「土地にお金をかけるのは有り」だと私は思います。

みなさんは「土地代金」に「消費税」がかからないのはご存じでしょうか?

「取得諸費用」には消費税はかかりますが

「土地代金」には消費税はかかりません。

土地は消費されないのです。

こじつけになりますが「消費されない」=「価格が落ちない」となります。

何かに投資する場合

金でもプラチナでも消費税が10パーセントかります

株式投資は不安があります。

土地は?

自己の所有で住居に使用するならば銀行さんが超低金利でお金を貸してくれます。

死亡もしくは特定の病気と診断されたらその後の支払いは不要などと言う住宅ローンもあります。

自己資金がそれほどなくて、超低金利で銀行さんがお金を貸してくれて

現状ではそれほどリスクの少ない土地に投資ができます。

しかも住んで使用できるわけですから。

土地代金の利息等を考えてもお金をかけるべきだと思います。

土地は資産です

土地代金の月々の支払は「借金の返済」ではありません。

土地代金の月々の支払は「資産形成」です。

そのまま財産となりますので

売却すればよほどのことがない限り

相場の価格で売れる事になります。

土地にかけたお金は資産形成です。

支払い終われば財産です。

支払い終わっていなくても、払った分は財産です。