東北のお城めぐり

2019/05/24

玉井 伸治

こんにちは!  コンシェルジュの玉井です。

GWにひとりで東北の城跡めぐりをしてきました。

 

福島県の会津若松城、白河小峰城、二本松城、

宮城県の白石城、仙台城、山形県の山形城、上山城の7つです。

夜11時に家を出て、中央道から長野経由で磐越道を通りました。

片道7時間半(570km)一人なのでさすがに運転は疲れます。

 

それにしてもどこから集まるのかと思うほどの人出ですね。

名古屋ナンバーは見かけましたが、一宮ナンバーは

残念ながら見かけることはありませんでした。

 

夜は車中泊でしたが、午前3時まで営業している銭湯で

2時過ぎまで時間をつぶしていましたが、

数十人同じように時間をつぶしているような人がいて、

誰も考えることは同じなんだなと思いました。

 

ところで、現存するお城や復元されたお城の階段は急ですよね。

階段というより梯子と言ってもいいくらいです。

さすがにあれだけ急な階段を、

両手放しで上ってこれる侍は一人もいないでしょうね。

使い勝手よりも身の安全を重視した造りにしてあるということですね。

 

昔はお父さんのことを『一国一城の主』と呼ばれた時代もありました。

今はその座を奥方様に譲られてしまった方々にも

やはり自分のお城は落ち着くものです。

 

5月25日(土)、26日(日)の2日間、サンジョーホーム『新・モデルハウス』の

完成見学会を行います。

『自然素材を生かした等身大のお家』を是非ご体感ください。

そして、大切な『お城づくり』の参考にしてして頂ければ幸いです。