モデルハウスの考え方。

2021/10/18

小澤 俊哉

 

モデルハウスとは・・・本来であれば、実際にご家族が住む新居と同じような仕様、同じようなデザイン、同じような大きさであるべきだと思います。

お客様がモデルハウスを見て「実際にこのような家が建つのなら、この会社にしよう!」「家の間取りや広さがとても参考になった。」

こんな声を頂けたら嬉しいものです。

 

 

 

しかし、「お客様の等身大」であるべきモデルハウスが「お客様を呼ぶためのもの」になっているのが日本の住宅業界の現状です。

 

週末になると、子供を連れて住宅展示場へ。子供向けのイベントも楽しみながらモデルハウスに入ってみると、広々としたリビングや豪華に装飾されたキッチンに夢が広がります。そこで営業マンに「このモデルハウスのような家はいくらで建ちますか?」と質問をすると、現実離れした答えが返ってくる。

 

家創りを計画している方は、経験したことがあるはずです。

 

 

弊社では、住宅展示場への出展もないですし、CMも打ちません。

人件費も最小限に抑え、なるべく家にお金をかけるような仕組みを

日々考えております。

モデルハウスも最初に建てたものは32坪、2年前に建てたモデルハウスも36坪

と、4人家族を想定したものです。

 

サンジョーホーム 旧モデルハウス 32坪

 

 

 

 

サンジョーホーム モデルハウス36坪

 

 

 

家創りを検討されているお客様、現在打ち合わせ中のお客様、是非モデルハウスを参考にしてください。